節句

節句 ってなに? ゾロ目の日には悪いことが起きやすい?!

スポンサーリンク

【 節句 ってなんだろう?】

節句というのは中国から入ってきた考え方です。
季節を分ける節目に災いや邪気を払うために祭りなどをするようになった事から始まっており、
一桁の数で奇数となる「一」「三」「五」「七」「九」の五つの数字が月と日で重なる日を選んだものです。

具体的な五節句は以下の通り。

一月七日:人日の節句(七草の節句)

三月三日:上巳の節句(桃の節句)

五月五日:端午の節句(菖蒲の節句)

七月七日:七夕の節句(笹の節句)

九月九日:重陽の節句(菊の節句・栗の節句)



一行目から、ゾロ目じゃないじゃん・・・(笑)

一月については、一日の元日は別格とし、七日の人日を五節句に入れています。

そしてこれらの節句では、カッコ書きの通りそれぞれその季節の植物が飾られます

あまりイメージに無いものもあるのではないでしょうか。

それぞれの節句の詳細については上記一覧から参照できますので、こちらも参照ください^^

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA