お客様

あなたにとっての本当の意味での お客様 は誰? -価値観を変える考え方-

あなたにとっての本当の意味での お客様 は誰?

そもそも、「お客様」というのは、どういった意味でしょうか?



「自分の提供するものの対価をを払ってくれる人」を指します。



例えば、八百屋さんにとってのお客様は、野菜を買ってくれる人ですよね。

勤めている会社から見て、対価(お金)を払ってくれる会社(または個人)はお客様です。

ではそこに勤めているサラリーマン個人から見るとどうでしょうか?



普段自分がお客様と呼んでいる相手は、「自分の提供するものの対価をを払ってくれる人」でしょうか?



違いますよね。

会社(経営者、そして経営者に自分の評価を伝えてくれる上長)が、

自分の労働に対して、

評価をして、

その自分が提供している労働に対する対価を給料として支払ってくれています。

つまり、サラリーマンにとってのお客様は、

「経営者、そして経営者に自分の評価を伝えてくれる上長」

になります。



私が過去に勤めていた職場だと、

「あいつは仕事できないのに、ゴマスリで上に上がった」と噂されている方が何人もいました。

それは、逆にそれで給料が上がっている方は、本質をとらえていると思います。



自分が給料上がらない理由、自分より仕事ができないと思っている人が自分より給料が高い理由がわかったと思います。

もし、今の職場にずっといたいと考えていて、給料がもっと欲しいという事であれば、

自分にとってのお客様が誰か?考え直すと良いかもしれません。

以上、「あなたにとっての本当の意味でのお客様は誰?」でした。
参考になれば。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください