【自宅でカクテル】オススメのリキュールとレシピ

モヒート用にミントを自家栽培してしまうほど、カクテルを作るのもすきです^^
 しかし、栽培は難しいです。
調子に乗って”もぎり”過ぎると、再生しきれずに枯れていきますし、
寒くなってくれば”もぎり”過ぎなくてもどんどん弱っていきますし…。

普通にお水をあげるだけだと上記の通りとなりますので、
もし栽培を考えている方はちゃんと肥料など、色々調べてからやってみた方が良いかもしれません。

とは言っても、考えすぎてやることを止めてしまうのが一番良くないので、
“ともかくやってみる”というのも大事だと思います。
やってダメなら改善を重ねていく。やってみなければわからない事も沢山あります。
それは、仕事を進める上でもとても大事な考え方です。

・・・

話が逸れ過ぎてしまいました(笑)
本題にいきますね。

私は自宅に結構たくさんリキュールを備えておいてます。

スポンサーリンク

その中で、買っておけば使いまわしがし易く、最初に買っておくと良いものを紹介します。

【揃えるもの】
・ジン
・ウォッカ
・ホワイトラム

【最初に選ぶ銘柄】
★ジン:タンカレーが個人的には好きですが、まずはウィルキンソンが無難かと思います。
★ウォッカ:スミノフが無難。
★ホワイトラム:バカルディが無難。

【先に簡単な用語解説】
★ステア:氷を入れて棒でくるくる混ぜる。棒は、お箸とかでも良いです。炭酸が入っている場合は優しく混ぜましょう。
★シェイク:液体を振る(縦に8の字を書くように)。バーテンダーさんのイメージこれじゃないでしょうか。
★ライム:生じゃなくても、ポッカレモンさんのやつとかで全然美味しいです。
★表記については、あまり何mLと表示していません。今回紹介するアルコール軽めのカクテルについては、基本はリキュール3、ジュース7くらいで良いと思います。

【ジン】
元々は、”肉体労働者の酒” として生まれたジン。キリっとした感じが特徴的です。
手軽にできるジントニックや、カクテルの王様マティーニにも使われ、
今や紹介するまでも無く定番のリキュールと言えるでしょう。

★ジントニック:ジン、トニックウォーター、(お好みでライム)をステア
★ジンリッキー:ジン、ソーダ、ライムをステア ※トニックよりさっぱり
★オリジナル:ジン、オレンジジュース(4:6くらい)をシェイク。ビターな味わいと、シェイクする事によって口当たりがマイルドに。

【ウォッカ】
これも定番。キリッとしたジンに比べてフワッと口の中にアルコール感が広がるイメージ。

★モスコミュール:ウォッカ、ジンジャーエール(お好みでライム)をステア
★スクリュードライバー:ウォッカ、オレンジジュースをステア
★ブルドッグ:ウォッカ、グレープフルーツジュースをステア。スノースタイルにする(グラスの淵に塩をつける)と、ソルティードッグ。

【ホワイトラム】
“ダークラム”もあるのでお間違えなく。弱い風味(ほのかな樽のいい香り)と味が特徴。

★ダイキリ:ホワイトラム/レモンジュース 3:1(45mL/15mL)、砂糖 1tsp(小さじ1)
★ラムコーク:ホワイトラム、コーラをステア
★モヒート(オリジナルレシピ):
・アップルミント(なければスペアミント)とホワイトラムを適量グラスに入れ、軽く棒でたたく(ラムにミントの香りを馴染ませるイメージ)
・シロップ適量(ここで甘さが調節できます。私は1stp(小さじ1)くらいですかね)
・氷、次にライム(カットライムなら絞って皮ごとグラスに入れる)を入れる
・ソーダを入れてステア(上記/ソーダで7:3ぐらい)

自分が自宅カクテルを始めた頃にまず買った3つをざっくり紹介しました。
最後のモヒートだけ、ちょっとしっかり書いてしまいましたが、
他もあれくらい書いた方が良いという意見多ければ、レシピを一つ一つ紹介しようと思います。

以上、オススメのリキュールとレシピでした。
参考になれば。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください