桃の節句 / ひなまつり

「桃の節句」と「ひなまつり」の違いはあるの?

スポンサーリンク

「 桃の節句 」と「 ひなまつり 」の違いを調べてみました!

【そもそも節句ってなんだろう?】

詳細についてはこちらからご確認ください^^

ざっくりだけ言うと、、、

・季節を分ける節目であり、
・この節目には災いが起きやすく、
・災いや邪気を払うために祭りなどをするようになった事から始まっており、
・これらの節句では、それぞれその季節の植物が飾られるようになった

という感じです。



さて、節句について分かったところで、今回の本題、

<三月三日:上巳の節句(桃の節句)>



季節の植物って言ってるけど、三月三日に桃は早すぎるんじゃ・・・(笑)

【桃の節句について】

三月三日の桃の花については若干季節がずれているように感じますが、
旧暦の三月三日の桃の節句をそのまま新暦になっても残したため、
新暦の三月三日の桃の節句でもそのまま桃の花を飾ることになっているようです

この時期に街で売っている桃の花は、わざわざ温室栽培していたりするようです^^;

なお、上巳(じょうし)とは、三月の最初の”巳(み)”の日という事です。

【ひなまつりについて】

桃の節句の風習が日本へ渡ってから、
平安時代では女の子の間で人形を使った「ひいな遊び」というものが流行っており、
これが次第に紙の人形に災いをすりつけて川に流して厄を払う習慣となったようです。



流してたんですね、お人形さんΣ(゚Д゚)

そこから、江戸時代には川に流すのではなく家で飾るという現在に近い風習となったようです

なお、紙製のひな人形を川に流す「流しびな」の風習は今も一部の地域で続いているようです。

【結論】

「桃の節句」が災いなどを払う節日の風習として中国から日本へ入ってきて、
日本の女の子の間で流行していた「ひいな遊び」が最終的にひな人形を飾る習慣となった。
という感じですかね。

それぞれ派生元こそ違えど、現在の三月三日の行事を指す言葉としては、
同義語と考えて良いのではないでしょうか

 

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください